こころとこころのふれあい笑顔あふれる時間を大切にしています

子育て事業部

色々なサービス

幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づく提供する教育・保育の内容

幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づく、
特定教育・保育の提供を行います。

延長保育 保護者の就労支援および園児の安定した生活を支援するために延長保育を実施します。
幼稚園型
一時預かり保育
1号認定のお子さんで、保護者の就労等に合わせて開園時間(7:15)から16:30まで利用できます。
土曜日または長期休業期間の利用も可能です。
障がい児保育 集団生活のできるお子さんが利用できます。家庭との連携対応で育ちのサポートをします。
五泉市こども課又は学校教育課へお問い合わせください。

幼保連携認定こども園教育・保育要領に基づく提供する教育・保育の内容

幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づく、
特定教育・保育の提供を行います。

延長保育 保護者の就労支援および園児の安定した生活を支援するために延長保育を実施します。
幼稚園型
一時預かり保育
1号認定のお子さんで、保護者の就労等に合わせて開園時間(7:15)から16:30まで利用できます。
土曜日または長期休業期間の利用も可能です。
障がい児保育 集団生活のできるお子さんが利用できます。家庭との連携対応で育ちのサポートをします。
五泉市こども課又は学校教育課へお問い合わせください。

子育て支援

遊びの広場「らんらんルーム」を開設し、地域の未就園児に遊びの場を提供します。
また子育て相談対応や情報提供を行います。
 随時開設月曜日~金曜日
10:00~11:30 事前連絡でご利用ください。

「教育・保育相談室」を開設し、保護者の教育・保育の相談に対応します。
必要に応じて公的機関や制度を紹介、又は連絡をとって保護者の適正な子育てを支援します。
 開設日月曜日~金曜日
事前連絡でご利用ください。随時ご相談に対応します。

子育て支援

乳児保育事業 生後2か月の赤ちゃんから利用できます。
離乳食から幼児食まで安心対応で提供します。
土曜保育事業 土曜日は平日保育を実施。
給食および通園バスの運行は平常通り行います。
通園バス運行

通園の便宜をはかり、月曜日から土曜日まで送迎バスを運行します。
各家庭までの送迎を基本としますが、安全運行に支障のある場合や特に遠距離の場合は要相談で対応いたします。事前申し込みでご利用ください。

  • 利用料金は、往復1,500円 片道750円です。
    月単位のご利用です。
  • 満2才以上が対象です。
休日保育

就労家庭の子育て支援として、みどりこども園で日曜日および祝日に休日保育を実施します。事前に休日保育利用申込書をご提出ください。休日保育を利用した場合、お子さんの健康配慮として代替え休日をお取りください。

  • 12月31日~1月3日を除く日曜・祝日。
  • 昼食とおやつは、ご持参ください。
  • 家庭送迎をお願いします。

おいしい給食

子どもの年齢および発達などに応じ、昼食およびおやつの提供を行います。

食事をとる環境
  • 0~5歳児まで各保育室で食事をとります。
  • 0~2歳児は、落ち着きのある家庭的な雰囲気を心がけ、子ども一人ひとりの発達やその日の体調、情緒に合わせ適切な提供を行います。
  • 3~5歳児は、集団で食べる喜びを感じる環境に配慮し、自ら食を営む力につながるよう、準備から片付けまでの習慣が身に付くことを目指した援助を行います。
食事の内容
  • 五泉市の給食献立に基づいたメニューで自園調理の完全給食です。
    栄養面・健康面に配慮し、刺激を抑えた乳幼児にふさわしい味付けで、安全・安心な食事の提供を行います。旬の食材や地元食材を使ったメニュー、伝承文化にちなんだ行事食なども取り入れます。
  • 3歳未満児は昼食と午前と午後のおやつを提供し、3歳以上児は昼食と午後のおやつを提供します。また、18:15以降の延長保育利用児には夕食に支障をきたさない配慮の下で、夕方のおやつを提供します。
主食地場産米
  • 主食は、地元産のコシヒカリを使用しています。
離乳食と
 アレルギー
  • 0~1歳児の離乳食期については、食事に関する体の成長に合わせ、提供する食事の調理方法や素材を変化させ、口の成長を促したり、手づかみ食べからスプーンやフォークを使って食べることへの意欲につなげることを意識して、食事の介助・援助を行います。
  • アレルギーを持つ子どもは、家庭との連絡をとりながら原因食材を除去した食事を提供します。
    アレルギー除去食の申請・対応については、食品チェック表および医師の指示書の提出が必要です。